こんにちは、ユキキチです。突然ですが、「食欲の秋に食べたくなるものってな~んだ?」

私は必ず「栗!!」と答えちゃいます!
甘~く煮たポクポクとした食感の栗。それが大好きなスイーツに入っていたら、もう~たまりません!

和菓子屋さんは“季節感”を最も大事にしていますから、期待して、食欲の秋にぴったりのスイーツを探したいと思います(できれば栗食べたい)

 

さて、「老舗和菓子屋の娘がゆく大井川スイーツ探訪」シリーズ其の三は、JR島田駅より徒歩約5分のところにある『稲葉屋』さんです。
毛筆で書いたポップがアットホームですね~。

お店に入ると、稲葉屋の奥さんがニコニコ優しい笑顔で迎えてくださいました。
稲葉屋さんは代々、約100年続いているそうです。島田市は本当に老舗和菓子屋さんがたくさんあるのですね。

店内には...、ありました~!栗っ!!

 

栗祭り!!

栗がたっぷり、ぎっしり乗ってます!栗むし羊かん”(600)

 

「渋皮付きの甘栗」が一粒まるごと入っているそうです。食べるまでに手間がかかる栗だけに、一粒ごろっと入っているのは嬉しいですね!一粒栗まん”(200)

 

お店自慢の「黄味あん」入り。見た目も可愛い栗の形。お土産にとてもよく出るそうですよ。栗まんじゅう”(150)

 

「うちのお父さん、自分が美味しいと思ったものを、味を変えずに頑固に作り続けているの」

奥さんが大事そうに栗まんじゅうの木型を持ってきてくださいました。

今は亡き先代が特注で作ったこの木型で、ずっと昔から今まで変わらぬ方法で、ひとつひとつ栗まんじゅうを焼き続けているのですね。

「私ね、お嫁に来て初めて黄味あんを食べたとき、なんて美味しいんだろう!! って感動したのよ。栗まんじゅう大好きなの!」

稲葉屋の奥さんが少し照れながらお話をしてくださいました。
奥さんが一番のファンなんだな~。他のポップをひとつひとつ見ても、愛情が伝わってきます。

 

そして、栗まんじゅうの大ファンという人がここにも!『稲葉屋』さんのお孫さん。

「はい、はんぶんこね。」

「え~、優しい~、ありがとう!」

“黄味あん”は“白あん”に卵の卵黄を入れるそうで、きれいな黄色です。

「ぱくっ あ、一番最初に栗食べた!」

むしゃむしゃ。美味しそうに食べますね~。豪快です!

自分が作ったお菓子をお孫さんがこんなに美味しそうに食べてくれるなんて、可愛さ倍増ですね!
そして、こうやって家族皆が一番のファンになって応援してくれるって、凄く素敵です!!

 

 さて、もう一つ気になっていた先程の”栗むし羊かん”。夏のつるりとした食感の”水羊かん”とは違い、栗をたくさん、たくさん乗せて蒸した「もっちり」とした食感の「羊かん」です。

好きなものはたくさんあった方が嬉しい

「お父さん、栗、大~好きなの。好きなもんはたくさん入ってた方が嬉しいだろって。惜し気なく乗せちゃうの。」 

はい!! 嬉しいです!! 大~好きな甘~い栗を、最初にも最後にも食べられるって凄く嬉しいです!!

では、いただきま~す!
んん~、甘~い!!

栗が「みつ」で煮てあって、ほっぺたがとろけて落ちてしまいそう。どこを切っても栗がしっかりつまっていて、こちらも食べ応え満点です!

 

始終ニコニコ、笑顔でお話をしてくれた奥さんと、大事に味を守り続ける旦那さんに見送られ、心がポカポカ温かくなりました。

他にもたくさんの種類のお菓子がありましたが、せっかく栗の美味しい季節、甘い栗がたっぷりの”栗むし羊かん”、栗の形で可愛らしい”栗まんじゅう”、味も食べ応えも十分!渋皮付の”一粒栗まん”をお土産にすれば「わっ」と喜ばれること間違いなしですね。

是非、買いに行ってみてくださいね!

 

稲葉屋

島田市本通り2丁目33
電話 0547-36-1788
JR島田駅から徒歩約5分。車約2分。
(島田駅北口を降りて直進、島田信用金庫、おびりあのある交差点を左折、少し行くと道路右手にあります。)
駐車場 なし
定休日 水曜日