こんにちは、大井川で逢いましょう編集部です。

夏の大井川といえば、大井川鐵道で2014年から開催されているDAY OUT WITH THOMAS。きかんしゃトーマス号と大井川の自然を家族でたっぷり遊べる1泊2日のモデルコースを紹介します。

それでは、本文をどうぞ!

 

1.大井川鐵道 新金谷駅

大井川鐵道 新金谷駅は、きかんしゃトーマス号の出発駅。出発前にオススメはSLの整備工場見学です。トーマス号が運行している期間しか見られない貴重な体験ですよ。新金谷駅の目の前にあるプラザロコではおみやげやトーマスグッズが勢揃い。トーマスグッズを購入したら千頭駅目指していざ出発!!

 

2.cafeうえまる

千頭駅から徒歩1分にある自家農園で栽培した野菜をたっぷり使ったカフェ屋さん。オススメは名物・長島ダムカレー(¥1,500)。他にもピザや釜揚げしらす丼などメニュー豊富。親子でランチを楽しみましょう。

 

3.大井川鐵道 千頭駅

きかんしゃトーマス号が運行中、千頭駅はトーマス号の仲間たちが大集合するトーマスフェアを開催中。アトラクションや記念撮影が出来たりとトーマス号との思い出をたくさん作ってね。

 

 

4.熊のや

築100年の古民家をリノベーションした一棟貸しのゲストハウス。周りに民家がないので、畳がある広い和室は子どもたちが走り回っても安心です。食事は自炊になるので、新金谷駅周辺のお店や熊のやから車で15分ほど行った川根温泉ふれあいの泉で食事を済ませるのもオススメです。

 

5.家山川緑地公園

2日目は大井川の自然を満喫しよう。大自然を走るきかんしゃトーマス号を見ながら、川遊びを楽しもう。家山川緑地公園なら河川が整備されているので小さい子でもオススメです。ちなみにきかんしゃトーマス号が通るのは11:05頃。大きく手を振ってみてね。

 

6.川根温泉ふれあいの泉

雨や風でも安心。全天候型対応の大井川で最大の温泉施設。施設内には温水プール、温泉、BBQ、お食事処があります。大人は旅の疲れを癒やし、子どもは心ゆくまであそび、最後にきかんしゃトーマス号に手を振ったら、大井川の夏休みができあがり。

 

7.いっぷく茶処やませき

この、急須の看板が目印です!!

旅の最後はおみやげを買っていこう。大井川と言えばお茶が特産品です。せっかくおみやげを買うなら種類豊富で川根茶専門に扱っているお店に立ち寄ってみよう。夏にピッタリの冷茶や香りの良い定番の川根茶、その他お茶を使った商品をたくさん揃えています。

 

☆旅のまとめ

最後に、トーマスが大好きなお子さんの場合は、大井川鐵道 川根温泉ホテルもオススメです。また今回のモデルコースは1日目の新金谷駅スタートまでをマイカーで来ることを前提としています。1泊2日の旅行をするにあたり新金谷駅まで公共交通機関で来る場合は、初日の夕方からレンタカーの予約もオススメです。(詳しくはコチラ)

2020年のトーマス号の期間は5月~10月まで!!

それでは、大井川の夏を楽しんでみてね。