自宅で急須を使って緑茶を淹れてみたいなぁ、でもおいしく淹れるのは難しそう、と感じている人に。

島田市家山の「朝日園」さんで、おいしくお茶を淹れる方法を聞いてきました。


①お茶の道具を用意する

茶葉と急須、湯呑、あれば湯冷ましをご用意ください。

湯冷ましがなければ、湯呑で代用できますよ。

②ポットのお湯を冷ます

まずは、お湯を用意します。

ここで大切なのは、ポットのお湯を直接急須に使わないこと。

湯冷ましにお湯を注いで、お湯の温度が下がるのを待ちます。

冬場は冷めやすいので、少し熱めにしておいても大丈夫ですよ。

③急須に茶葉を入れる

お湯を冷ましている間に、急須に茶葉を入れます。

茶葉の量は、お湯の量や急須の大きさによって変わってきますが、目安として、1人分につきティースプーン1杯です。

お手元にティースプーンがなければ、急須の底の丸い部分が隠れるくらい入れてください。

④急須にお湯を注ぎ、1分間待つ

お湯を注ぎます。偏りが出ないように、ゆっくりと注いでくださいね。

注ぎ終わったら、急須の蓋を閉めて1分間待ちます。

お茶がよく出るように、思わず急須を揺らしたくなりますが、これはNG。

茶葉同士が当たってしまうと雑味や渋みが出てきてしまうので、グッとこらえてくださいね。

触らずに置いて、うまみなどが自然に出てくるのを待ちます。

 

⑤湯呑にお茶を注ぐ

1分経ったら、お茶を湯呑に注ぎます。

一度に淹れるのではなく、何度も傾けながら、少しずつ静かに注いでください。

なるべく振らずに、そっとやさしく注ぐのがポイント。

上手に注ぎ終わると、急須の底に茶葉が平らにくっついています。

こんな感じです。

 

今回は浅蒸し茶を使ったので、黄色がかった水色(すいしょく)です。

香りとうまみがしっかりと出た、濃厚な味わいでした。

茶葉を選ぶポイント

おいしくお茶を淹れるには、もともとの茶葉にうまみのある、よい茶葉を選ぶことも大切なポイント。

お茶の初心者だったら、高級な茶葉を少量購入してみる、というのもおすすめだそうですよ。

茶葉は開封すると、どんどん風味が落ちてくるので、早めに飲み切れる量でお試しください。

どんな茶葉がいいか、悩んだらぜひ朝日園さんにご相談を。豊富なラインナップで、きっとぴったりの茶葉が見つかるはずですよ。

 

朝日園

[住所]静岡県島田市川根町家山372-1

[電話番号]0547-53-2058

[営業時間]9:00~17:00

[定休日]無休

[駐車場]あり

[地図]https://goo.gl/maps/QLXF1MNQcD42dnWw6