お茶の名産地である島田市、実はおいしいお菓子の宝庫。

東海道の宿場町のころから現在まで、次々とおいしいスイーツが誕生しています。

そこで今回は、おすすめのお土産スイーツと、それに合うお茶のペアリングを「TOURIST INFORMATION おおいなび」さんで教えてもらいました。

和茶倶楽部「大人の生チョコ」×永田農園「ほうじ茶」

まずご紹介するのは、おおいなびスタッフさんにも大人気、和茶倶楽部さんの「大人の生チョコ」シリーズ。

日本に37人しかいない「日本茶鑑定士」が監修、こだわり抜いた原材料で作られた、上品な甘さとなめらかな口どけの生チョコです。

季節によって店頭に並ぶ種類が替わりますが、おおいなびスタッフさんのイチオシは「001 抹茶」。苦みだけではない、抹茶の甘さとうまみを感じる濃厚な味わいがたまらないそう。

この生チョコに合わせたいのが、永田農園さんの「ほうじ茶」。

ほうじ茶って、意外にもチョコによく合うんです。一番茶の茎を丁寧に炒って作られたほうじ茶は2種類。煎茶の甘さを感じる浅煎りと、後味スッキリの深煎り、お好みで合わせてみてください。

清水屋「黒大奴」×石川製茶「山のお茶」

続いてご紹介するお土産スイーツは、清水屋さんの「黒大奴」です。

島田市のお土産といえば必ず名前が上がる、この黒大奴。さっぱりとしたこしあんと昆布の旨みを感じる羊羹の組み合わせが、一度食べたらクセになる、と評判のお菓子です。

ペアリングのおすすめは、石川製茶さんの「山のお茶」。第54回静岡茶品評会にて農林水産大臣賞を受賞した緑茶です。

すっきりとした渋味が、ほどよい甘さの黒大奴と絶妙にマッチして、手が止まらなくなること間違いなし。食べすぎ注意!な組み合わせです。

どちらも島田市の公認ブランド「島田の逸品」に選ばれています。黒大奴と山のお茶、セットで手土産にしたら喜ばれそうですね。

ちゃといも「にっこり干し芋」×まるさ佐京園「玄米茶」

最後にご紹介するのは、ちゃといもさんの「にっこり干し芋」。

おおいなびさんからもほど近い、島田市大代地区で作られているにっこり干し芋。べにはるかという品種のさつまいもを使っていて、口でとろけるクリーミーな食感がたまりません。

そんなにっこり干し芋に合わせたいのは、まるさ佐京園さんの「玄米茶」です。

自家農園の新茶のみを使用した茶葉と、静岡県産の玄米が入った玄米茶。しっかりとしたお茶の香りと香ばしさが、まろやかなにっこり干し芋にぴったり。

水出しもカンタンにできます。水出しは低カフェインになるので、小さなお子さまからお年寄りまで、みんなで楽しめますね。

家族の集まりなど、ほっと一息くつろげるおやつタイムにおすすめです。

TOURIST INFORMATION おおいなび」で、お気に入りのスイーツとお茶を

今回ご紹介した商品は、すべて「TOURIST INFORMATION おおいなび」さんで販売されています。

スイーツとお茶のおいしい組み合わせ、ぜひ楽しんでみてくださいね。

TOURIST INFORMATION おおいなび

住所:静岡県島田市竹下62番地

アクセス:(電車)大井川鐡道「門出駅」直結、

     (車)新東名高速道路「島田金谷IC」降りてすぐ、国道1号線「大代IC」より北へ約5分

電話番号:0547-39-3166

開館時間:9:00~18:00

地図:https://goo.gl/maps/Cqnw7https://goo.gl/maps/Cqnw7vAMQCjMtk5d7vAMQCjMtk5d7