昔から「茶柱が立つと縁起がいい」と言われています。

急須の網からするりと抜け出して、湯呑の中で浮かぶ茶柱。もし見つけたら、いいことが起こりそうでワクワクしますね。

茶柱が立つ貴重な瞬間を、ぜひこの目で見てみたい!と思った人に、茶柱が立ちやすいお茶をご紹介します。

 

茶柱が立ちやすい「茎茶」

茶柱は、茶葉の中から浮いてきた茎の部分。

そのため、お茶の茎で作られた「茎茶」を使うのがおすすめです。

急須の網の目が粗いものを選ぶと、茎が湯呑に入りやすくなるので、さらに茶柱ができる確率が高まりますよ。

茎茶は緑茶の製造工程でできる、出物(でもの)と呼ばれる副産物の一種。

茎には葉の部分よりも多くの栄養分が含まれているので、副産物とはいっても旨みや香りが豊か。まろやかな甘みのある緑茶です

日常使いにも使いやすいお茶なので、毎日おいしく飲みながら運試しができますね。

 

オシャレな缶入り「Green Ci-TEA No.6 茎茶」

さまざまなお茶屋さんで茎茶が販売されていますが、今回ご紹介するのは、島田市緑茶化計画オリジナルブランド「Green Ci-TEA 」の茎茶。

お茶の名産地・島田市で採れた茶葉を使い、島田市内のお茶屋さんによって製造された「Green Ci-TEA」シリーズは、味わいも折り紙つき。

熱めのお湯でさっと淹れて、茎茶特有のさわやかな香りをお楽しみください。

 

「Green Ci-TEA No.6 茎茶」は「蓬莱橋897.4茶屋」や「TOURIST INFORMATION おおいなび」のほか、緑茶化計画商品取扱店舗で購入できます。(その他の購入場所はこちら

 

さらに今なら、抽選で豪華商品が当たる「おちゃキャン♪」開催中。ぜひご参加ください!(2022年2月28日まで)

※キャンペーンの詳細は、こちらからご覧ください。

運試しにぜひどうぞ!

茶柱が立ちやすい状態で試しても、茶柱を立てるのはなかなか難しいもの。

だからこそ、貴重で縁起がよいとされているんですね。気になった人は、ぜひ茶柱にチャレンジしてみてください。

ちなみに、茶柱が立ったら人に知られないうちに飲んだ方がいい、知られると運がその人に移ってしまう、なんて説もあるそう。

つい見せびらかしたくなりそうですが、こっそり飲んで、幸運を独り占めしちゃいましょう。