こんにちは、大井川で逢いましょう。制作担当のサンゴです。
今年も始まりましたー!大井川鉄道のDAY OUT WITH THOMAS!

写真はトーマス号のターミナル・新金谷駅の様子。

このきかんしゃトーマス号、乗るのはもちろん、沿線で見て楽しむのもおすすめ。のどかな大井川の景色の中走るトーマス号を見るのは、年齢に関わらずワクワクするものですョ。

ですが、この時期気になるのが、雨。そこで、
トーマス号は見たいけど…雨だと子どもを連れて出かけるのがちょっと面倒…なんて方に、オススメのモデルコースをご紹介します!
雨だって全然OK、思いっきりはしゃいで、トーマス号も見て、大井川のご当地ソフトも食べちゃいましょう♪では、はじまりはじまりー。

 

(目次)

1.川根温泉ふれあいの泉がオススメ!プールからトーマス号に手を振ろう!

2.お昼には大井川のご当地ラーメンを

3.お風呂上がりに、川根茶ソフトでおやつタイム

4.もう少しあそびたい&おみやげはプラザロコへ

 

1.川根温泉ふれあいの泉がオススメ!プールからトーマス号に手を振ろう!

きかんしゃトーマス号に会いたい!と思って、朝から出発駅の新金谷駅に行くのもいいですが、今回最初の目的地は新金谷駅ではなく、『川根温泉 ふれあいの泉』です。(写真は快晴ですが悪しからず…)

大井川流域で大人気の日帰り入浴施設、『川根温泉 ふれあいの泉』。天然の“川根温泉”のお風呂をはじめ、広い食堂やマッサージ、スパ、さらにコテージやBBQ設備まで勢ぞろい。いつもたくさんの人でにぎわっています。
国道1号線バイパスや新東名を使う場合には、最寄りの各インターチェンジから30〜40分、川根方面へほぼ一本道。アクセスしやすいのもポイント。

そんな『ふれあいの泉』をオススメする理由はこれ!

温水プールから、SLが走る鉄橋が間近に見えるんです!

つまり!こんな感じでトーマス号を見られちゃうんです!(写真は特別バージョン☆)
通過時刻が近づくと館内放送で知らせてくれます。
午前中のトーマス号の通過時刻は11:17。だいたい10時半までにふれあいの泉に到着しておくのがベスト。

さらに!温水プールのとなりには“バーデゾーン”という、泡スパや岩盤浴、サウナを楽しめる一角があるんですよ。

子どもはプールでパワー全開、大人はサウナでデトックス♪そしてトーマス号が来たら、みんなでトーマス号に手を振りましょう!

 

2.お昼には大井川のご当地ラーメンを

プールからトーマス号を見てひとあそびすれば、お昼ごはんの時間。『ふれあいの泉』館内には2カ所の食事処があって便利なんです。

1階と2階ではメニューが違います。私のオススメは2階の食事処『川霧』。

ここからも鉄橋が見えます。(天気がよければベランダの客席を利用することもできます。)

あ、ちなみに、日によってはトーマス号のあとに出発したSLが鉄橋を渡るところを見られるかも知れません。運行日なら、SLの通過時刻はだいたい12:30です。大井川鉄道の時刻表をチェック。

『川霧』でぜひ食べていただきたいのがこちら、川根温泉の塩を使った『幻の塩ラーメン』

実はここ、川根温泉はミネラル含有量が高いそうで、温泉がしょっぱいのです。その温泉水を煮詰めて作った塩を使ったラーメンなのです。
こう…普通の塩ラーメンよりマイルドな感じがしておいしいんですよね…。さらに地元・川根産の柚子のトッピングもうれしい。

『川霧』には『幻の塩ラーメン』のほかにも、特製のオリジナルラーメンが目白押し!

いろんなメニューがあるので、ぜひ子どもとシェアで楽しんでください♪

 

3.お風呂上がりに、SLソフトでおやつタイム

お昼ごはんを済ませたら、せっかくなので川根温泉にも入っていきましょう☆

プールと同じく、露天風呂からも鉄橋が見えますよ。露天風呂は数種類あって、湯船の上にはほぼ屋根がついてます。お湯は少々熱め、サクッとサッパリできます。

さて、トーマス号と一緒に、プール、ランチ、温泉、と『川根温泉 ふれあいの泉』を満喫しました!ここまでで時間はたぶん14時半くらいだと思います。

次は『ふれあいの泉』から車で5分のお茶専門店へ、ソフトクリームを食べに行きますよ〜♪

川根茶専門店 いっぷく茶処 やませきさん。大井川地域の特産“川根茶”を取りそろえる大きなお茶屋さんです。

ここでおやつタイム♪じゃーん、やませき特製『SLソフト』!

ミルキーなバニラに、川根茶パウダー&SLクッキー。沿線の茶畑の中を走るSLの姿がここに…!まさに大井川の景色。お味もグッド。

店内では川根茶の試飲ができるほか、大井川特産の川根茶がズラリ。

せっかくの専門店なので、ぜひ店員さんにオススメのお茶を聞いてみてください。ちなみに私の一押しは『水出し煎茶ティーバック(徳用8g×30パックで¥972!)』です♪

さあ、甘い物も食べたし、最後に、大井川鉄道の新金谷駅に寄って行きましょう。

 

4.もう少しあそびたい&おみやげはプラザロコへ

『いっぷく茶処 やませき』さんから、大井川鉄道新金谷駅までは1時間弱のドライブ。
あそんで食べて、お子さまは寝ちゃう…かもしれませんが、余裕があればぜひ寄ってほしいのが、新金谷駅のとなりにあるプラザロコ

(写真は快晴ですが…悪しからず)

その理由はプラレール!

『プラザロコ』は大井川鉄道の駅で一番大きな売店と休憩所がある施設。トーマス号の運行期間中は、館内に無料であそべるプラレールやトーマスのおもちゃや乗り物が登場するんです!

奥の方にはマットが敷いてあるプラレールコーナーもあって、誰でも自由にあそべます。

トーマスの乗り物もこれでもかと。

いろいろおねだりされそうですが…せっかくトーマス号に会えたんですから、売店で大井川鉄道限定のトーマスグッズを手に入れてみてはいかがでしょうか?プラザロコの閉館は17時です。

ちなみに、トーマス号が新金谷駅に戻ってくるのが15時半頃。今回のプランだと、『やませき』さんを出て新金谷駅に到着するのは、たぶん16時前後だと思います。
この時間だと、運がいいと、構内作業をするトーマス号や、走り終わったあとの整備風景を見られるかもしれません!(この頃には雨が上がってたら…いいですね)

 

5.雨の日をさらに楽しむとっておき情報

トーマス号と大井川沿線を楽しむモデルコース、いかがでしょうか?雨の日のお出かけの参考にしてくださいね!

最後に、雨だからこその、大井川鉄道きかんしゃトーマス号のお楽しみポイントを2つ。

1.SLの蒸気は雨の日こそ美しい

SLの煙突から出てくる煙と水蒸気。雨降りの日は水蒸気が蒸発しづらいので、見えやすくなるんです。こんな風に、迫力のある白い煙(つまり水蒸気)がもくもくと!こんなトーマス号の姿もステキですよネ!

2.無人駅の風情が増します
大井川鉄道の無人駅の多くは木造。雨降りだと風情が増す…気がします。試してみてください。

たとえばこちらは、新金谷駅から車で10分くらいの『五和(ごか)駅』。

レトロな木造駅舎でやってくるSLを待つ時間って結構楽しいですよ。

しかもこんなに近くで見られます!あ〜あ、雨か〜なんて憂鬱も吹き飛ぶ!

 

雨でもトーマス号(もちろんジェームス号もです)は元気いっぱいに大井川本線を走ります!大井川の楽しみ方はいろいろ。ぜひみなさんもあそびに来てくださいね。