夏休みが終わり、長男は元気に幼稚園に通っています。日中のいない時間が少し寂しいなぁと感じているあつこです。

そんな私が今回ご紹介する大井川ランチレポート第2回目は、
大井川の農家民宿で味わえるランチです!

ランチと言っても、ただ食べるだけじゃなく、自分で作ることができる体験型のランチなんですよ!
これは絶対、大人も子どもも楽しめること間違いなし!!ですよね~♪

 

初めてなのに懐かしい、築140年の農家のお家はまるでおばあちゃんち

新東名高速道路・島田金谷ICから車で30分。島田市川根町家山にやってきました。大井川鐵道のSLが停まる家山駅があるところです。県道63号線の脇道を進むと...

山に囲まれて、私の背丈ほどある里芋の畑がありました。葉っぱの大きさにびっくり!さらに進むと...

 

ありました、ありました!『農家民宿 いつか』さん。早速、中に入ってみると…

 

“ただいま~”と思わず言いたくなるような初めてなのに懐かしさを感じるお家。
私のおばあちゃんの家を思い出すなぁ。
この雰囲気すごく好き。
何だかほっこりする気持ちになれる居心地の良さ、大の字で寝ころびたくなります。

縁側もステキ~。
床の木の色が年月を物語っている感じ。

 

出迎えてくれたのは、笑顔が素敵な水野さん。

水野さんは、この家で生まれ育ち、現在はここから車で約1時間のところにある焼津に住みながら、一人で『農家民宿 いつか』を営んでいます。最近は旦那さまも手伝ってくれるそうで、お邪魔したときは、秋に向けて農作業をしていました。

4年ほど前からはじめた農家民宿。今年の夏は、東京から来るお客さんで大賑わいだったそうです!連泊されるお客さんもいるんだとか。さらに、外国からのお客さんにも人気があるそうです!うん、うん。この自然豊かな川根で、昔ながらの日本の家屋に泊まれるなんて都会の人や外国の方にも絶対喜ばれそうですね♪

 

ランチの材料は、家の畑で採れた旬の野菜たち

そんな人気の『農家民宿 いつか』さんが今年の夏に始めたのが、田舎体験付きのランチ、その名も“田舎の昼ごはん”。

食材は基本的に自家製。野菜はほとんど自分の畑で穫れたものだそうです。お家の前の畑にはいろんな種類の野菜が少しずつ植えてありました。ちなみに、今年の夏は、きゅうりとナスが大豊作だったそうですよ。

 

 

 

『農家民宿 いつか』さんのランチの醍醐味はココにあり!みんなでいなり寿司とおはぎを作ります!

『農家民宿 いつか』さんの“田舎の昼ごはん”の一番の特徴は、いなり寿司とおはぎ作りの体験ができるところ。(※季節によって体験できることが変わりますが、おはぎは必ずできます。)

水野さんにコツを教えてもらいながら、まずはいなり寿司に挑戦。

水野さん「ちょっと、私の見本のよりご飯が倍くらいあるんじゃない!?」
私「え~多すぎましたか!? あっ!やぶけちゃった~」

などなど。楽しくおいなりさんに酢飯をつめていきます。いろんな形や大きさがあってもいいんじゃない♪自分で作れる楽しみがあるので、家族連れにもピッタリ!

さてさて、気を取り直して。
次は、手作りあんこのおはぎです。

 

まずは、あんこを手のひらでま~るく広げて。
その上にもち米をのせて、あんこで包んで。

私「できた~!」
水野さん「あと何個できる?あんこともち米がちょうど終わるように残りの数見て作ってね!」
私「このままじゃもち米が余るかな...頑張ります!」

ここで突然、水野さんが急いで畑へ出かけて行きました。

 

なるほど!盛り付けを飾るお花や葉っぱを採りに行ってくれたんですね。
これも『農家民宿 いつか』さんのお・も・て・な・し。
盛り付けもお手伝いできるなんて嬉しいなぁ~食べるのがますます楽しみになりますよね!

 

ランチ完成!手作りの料理に感激!

“田舎の昼ごはん”(おはぎ体験付き)1000円。

自分で作った、いなり寿司に大きなおはぎ。
3~4センチほどある厚焼き玉子。
畑で採れた、なすとサツマイモとししとうの天ぷら。
きゅうりの酢の物。
お出汁のきいた、お吸い物。
ヨーグルトのブルーベリーソースかけ。

 

いただきま~す!!

まずは、水野さんと一緒に作ったいなり寿司。
ほんのり甘くて美味し~い!

その秘密は、水野さんの手作りの梅酢を使っているから。お酢独特のツンとした酸っぱさがなく、とっても優しい味。中に入っている大葉と刻みショウガでアクセントになっています。

もちろん、大葉もショウガも畑で採れたもの。

畑で採れた野菜の天ぷらはどれも旬の味で、塩など付けずにそのままいただきました。素材そのものの味を味わえ、とっても美味しかったです。

ヨーグルトにかかっているブルーベリーソースも水野さんの手作り。近所の方から頂いたブルーベリーを赤ワインで煮てあり、ちょっぴり大人の味でした。

水野さんが心がけていることは、“料理の基本は、かつお節としいたけの出汁で味付けをすること”だそうです。「薄くて美味しくない」と感じるかもしれないけれど、「まずかろうがこれが天然の味、本物の味」と教えてくれました。

おはぎも甘すぎず、美味しい~!

このおはぎは、水野さん好みのやわらかいおはぎ。もち米を炊くとき、通常のお水の量よりも1割多く水を足して、やわらか~く仕上げています。

「お店屋さんにはないやわらかさで美味しいね!」と、このおはぎのファンも多いそうです。 

と、そこへ!!!
水野さん「今日ね、いつもおはぎに入れているお茶の葉を入れ忘れたのよ~」
私「え~~~!?!?」

"お茶の葉が入ったおはぎ"なんて、私食べたことなーい!しかも、お茶も水野さんの茶畑から作られたお茶だなんて…是非とも食べたかった...残念(泣)

 

わざわざ来たくなる!『農家民宿 いつか』さんとのランチは楽しいおしゃべりタイム

そんなお茶目な水野さんとおしゃべりしながらのランチタイム。旬の食材のことや、民宿のまわりの自然のことを聞きながらいただく手作りごはんは格別です!

私も自宅の庭で家庭菜園をやっているので、どうしたら美味しい野菜が収穫できるかなどアドバイスももらいました。こんな風にゆっくりお話しできるのも『農家民宿 いつか』さんならではの楽しみ方ですよね!みなさんも、田舎体験をしにでかけてみてはいかがですか?


「よく来るなぁ~、つまらんところに」って水野さんは笑って言いました。

そんなことないです!おいしい料理と豊かな緑、そして水野さんの笑顔に逢いに、“わざわざ来たくなる”んです。

 

『農家民宿 いつか』

住所:島田市川根町家山3434
電話:080-6948-2171
営業日:3人以上で要予約
 ※3日前までに予約して下さい